この中南米協働隊設立目的に記した基本概念に立脚し、この分野では、主として、「中南米における環境問題・適正賃金での雇用創出など」を目指しております。

 

 昨今何かと話題に上る新興国の中にも中南米の国々がその名を連ねたり、多面的に2国間・多国間の自由貿易協定を締結して自国の経済力を強固なものとして行こうと考える国々も現れ始めており、この地域の将来性の大きさには目を見張ります。

 

 また、資源やエネルギー大国も多く、農業分野の発展・食料の供給基地としての重要性も見逃せません。

 

 しかし、急激な工業化や大きなグローバリゼーションのうねりに飲み込まれることは、深刻な環境問題や所得格差・社会的不公正などを生み、自国にとって利益還元の少ない/無い開発を余儀なくされるケースも大いに懸念されます。

 

 農業・環境分野に目を転じれば、本来の収穫目的を果たし終えた植物廃材などは、家畜の飼料として、或いは、バイオマス発電の原料として再利用される以外は、その大半が廃棄される運命にあります。

 

 中南米協働隊では、工業・商業化目線ではなく、草の根目線で、これらの廃材や中南米固有の素材に注目し、優れたデザイン力やマーケッティング力を駆使することにより、先進国で、或いは当該地域の観光土産などとして販売可能なエコな製品に転換し、ロハスな生活を送ることを訴求する消費者の皆様に斯かる商品をお届け出来ないかと言う可能性の追求も視野に入れております。

 

 このような商品をお買い上げ頂ける消費者の皆様お一人お一人が、国際開発への貢献をされることになりますし、また、このような商品の開発・デザイン・拡販などにお力添え頂ける方々には、是非、我々の活動に如何なる形でも結構ですので、ご参加頂ければ幸いに存じております。

 

 

Links

〇「核なき世界へ ‟ことば”を探して」

{明日、世界が終わるとしても、私は、今日、リンゴの木を植える}
(サーロー節子)

〇『世界がもし100人の村だったら』より

世界に暮らす約70億人の人々が100人だっととしたら、地球はどのような世界なのでしょうか。
  •  最も豊かな20人が全体の富の90%を消費し、最も貧しい20人は1%しか消費していません。
  • 最も豊かな20人は最も貧しい20人の74倍の収入があります。
  • 15人は読み書きが出来ません。そのうち10人は女性です。
  • 22人は安全な飲み水を口にすることが出来ません。
  • 17人はまともな住居がありません。
  • 14人は基礎的な医療サービスが受けられません。
  • 13人は40歳までしか生きることが出来ません。
  • ・・・・・・。

〇『世界食糧計画WFP』の資料より

  • 世界では、7人に1人、約9億2,500万人が飢えに苦しんでおりそのほとんどが女性と子供です。
  • 上記の100人の村に例えるなら、14人が飢えで苦しんでいることになります。
  • 栄養不足は子供の知能の発達を遅らせ、身体の発育を妨げます。
  • 飢えで死亡する人の数は、エイズやマラリア、結核などの疾病で死亡する人の合計数よりも多くなっています。
  • また途上国における子供の死のおよそ3分の1には、栄養失調が関連していると言われています。
これが私たちの住む、21世紀の世界の姿です。生まれた地域や国により、あまりに差がありすぎる断絶した世界です。

○ 問題解決のために「価値観を共有する多様な属性の人」が仲間として共創する社会に日本も成って来ましたし、そういう活動を通じて、世界に対し、「クオリティー社会日本」をアピールできると良いですね。

○ 途上国へ目を向けることで、日本社会の閉塞感も少しは解消されるはずだ。

○ 718日は国際連合が定めた「ネルソン・マンデラ・デー」だ。国連の広報によると「自由と民主主義は私たちにとって普遍的な価値であり、その獲得に生涯を捧げたマンデラ氏を国際社会は賞賛し、その偉業を後世に語り継ぎます。」とのこと。その言葉とは;

『私たちは世界をより良い所に変革することが出来ます。世界を変えるのは、皆さん自身なのです』

-ネルソン・マンデラ-

〇 キャロル・オフ著「チョコレートの真実」第11章盗まれた果実 ピーター・ロビンスの言葉:

発展途上国が世界各国との間で強いられた競争では、重いハンディを背負わされた彼らの馬がゲートから出走する前に、コースは既にサラブレットによってさんざんに踏み荒らされていた。自由貿易ハンディキャップレースのルールは、言うまでも無く、最高のサラブレットの馬主が決めるのだ。

〇 マザー・テレサのお言葉:

「愛の反対は憎しみではない。無関心だ。」

〇 世界と日本の未来のために (外務省):

〇 お薦め図書:

田中高教授 編著
『ニカラグアを知るための55章
明石書店 (2016)
佐藤美由紀著
『世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉』
双葉社 (2015)

〇 フランシスコ・ローマ法王の言葉 (2016年1月1日):

連帯を阻む無関心を克服することが必要である

なぜ強者のおごりが弱者を社会の片隅に追いやり続けるのだろうか。人間の悪はいつまで世界に暴力と憎しみを広め、罪のない犠牲者を生むのだろうか。

皆が平和に暮らせる公正で友愛に満ちた世界にしよう。

 

〇 フランシスコ・ローマ法王の言葉 (2016年2月18日):

壁を築くのではなく、橋を架けるべきだ。